2017年2月26日日曜日

斬新だ・・・



私が厨房の頃にセリカXXを見たとき


この後ろ姿にやられました!
テールゲートからバンパーまでグロスのブラックに塗られた姿が
当時、すごく斬新に思えました!


”よろしくメカドック”に登場したのも前期型2800GTです
ところで、前期型には”L”なんていう下級グレードが存在しました


マイナーチェンジして後期型になると
認可がおりて、ドアミラーが標準でついたりなんかしちゃうんでうけど

ブラックアウトされて斬新だったリア周りは

平凡なボディ同色となります




これじゃ、4気筒を積んだショートセリカと同じだ!

この当時、4気筒を積んだセリカは”ショート・セリカ”、6気筒を積んだセリカXXはロングノーズ・セリカと呼ばれていました。”ロング・セリカ”とは言われてなかった


しかし、

この当時は、フェンダーミラーを除いて”前期型”の方がカッコイイと思ったのですが、今見ると”後期型”の方が、まとまりがあってカッコイイですね 


皆さんはどう思います?

0 件のコメント:

コメントを投稿