2017年2月18日土曜日

ヴィヴィオ オイルポンプ・ウォーターポンプ取り付け

ヴィヴィオのオイル・ポンプとウォーターポンプを取り付けましたヽ(゜▽、゜)ノ

まずは、オイルポンプから



この前、塗ったブロックの若草色が眩しい(*_*)


取り付け面に砥石を掛け、奇麗にしてパーツクリナーで脱脂して、先日の”トヨタ純正 シールブラック”を塗布して付けるだけ( ゜∋゜)。

特に見どころはありません。

”水曜スペシャル 川口探検隊シリーズ”のような

見せ場も盛り上がりもありません( ̄Д ̄;;。


お次は、ウォーターポンプ

こちらも、手入れして、ガスケットを入れて、ボルトを締めるだけ。


オイルポンプのクランクシャフトのところに、オイルシールを入れます。


整備解説書を見ると、シール全体に当たるSST(専用特殊工具)があるようですが、
シールを打ち込むくらいで、SSTなんか買っとれません(-""-;)

先端の平な棒で均等に丁寧に叩き込みます。




取り付け完了。
何時の間にか、タイミングベルトのスプロケットが付いてますが、気にしないで下さい。


お次はフライホイールの取り付けです。
フライホイールの前に、クランクシャフトのシールを取り付けます。

やり方はフロントシールと基本的に同じです。

しかし、シールは大きいほうが、入れにくい。

まぁ、作業に掛かりましょう。

シールを入れる前に、クランクシャフトの後端部を手入れしていないことに気付きました(^_^;)



これは、本当はクランクを加工する前にやっておかないといけないですね。


こんな感じで砥石を掛けます。掛けた後はエアーブローしてパーツクリーナーで拭いておきます。

シールを取り付けます


まずは、エンジンオイルを塗ります。


それからは、取り付けていきます。


取り付け完了!

カバーを取り付けます。

カバーの取り付けは写真を撮り忘れました(^_^;)


次はフライホイールです。
左がノーマル。右が今回、使用する軽量化したものです。



これは、先ほどもお見せしたクランクの後端部なんですが、



フライホイールを取り付けたことがある方は、あるものがないのがお分かりになると思います。

そうです。ノックピン!>゜))))彡

ノックピンとは位置を決める重要な部品です。

それが、なきゃフライホイールがぶれて、フッ飛んじまう<+ ))><<

どうやって、位置決めするかと言うと”パイロット ベアリング”がその役割を担います。


フライホイールに取り付けるとこんな感じです。



後は、ボルトのネジ止め剤を塗って、規定トルクで均等に締めます。

0 件のコメント:

コメントを投稿