2017年2月17日金曜日

ヴィヴィオ クランクシャフト交換です

ヴィヴィオのエンジンのバラしも終わりました




ヴィヴィオのクランクシャフト(*^_^*)
交換します。

今まで、使っていたものと、


先日紹介した変なピストンが入っていたエンジンの


クランクを比べたら、後者の方が、各部の数値がよかったので、後者を使用します。

左が今で使っていモノ。右が変なピストンが入っていたエンジンのモノ。

見た目も、後者の方がきれいですしね(*^_^*)


ジャーナル及びクランクピンの状態も後者の方がいいです。

こちらが、前者。



こちらが後者。(ジャーナル部につてるのは、プラスティゲージ)




後者のエンジンはオイル管理も良く、走行距離も少なそうです。

このエンジンはいい買い物でした。

クランクジャーナル・クランクピンを研磨修正して、アンダーサイズのメタルを購入すれば、結構な費用が掛かりますから。

宝くじを当てるよりレアなピストンも手に入ったしねヽ(^。^)ノ。



バランク取りに出す前に、オイルラインを加工します。


小さなことの積み重ねが、いいエンジンを創ると私は考えてますからね。


オイルラインの加工はこの本を参考にしてます



古い本ですが、基本的なことは学べます。

0 件のコメント:

コメントを投稿