2017年2月17日金曜日

ヴィヴィオ クランクシャフト加工 

交換するヴィヴィオのオイルラインをクランクシャフトを加工しました。

オイルの穴にバリがあるのでこれ削って面取りしました。
バリがあるとそこで渦が起きオイルの流れの抵抗になります。
そうすると、フリクションロスや油温上昇の原因になります。

ここです。ボールペンで指しているところです。


写真では分かりにくいですが、爪で撫でると引っかかります。

ここを面取りしたからといって、目に見えてフリクションロスが減りパワーアップするとか、油温が下がるわけではありません。

ヴィヴィオを”ウルフ カウンタック”のように仕上げる為の一貫です。



作業は模型用のリューターで行います。


作業はこんな感じで行います。写真ではちょっと、分かりにくいですね


加工後の写真。これも作業前と違いがよく分かりませんね。


やっぱり、”普通”のデジカメでは小さすぎて写せません。

この後、加工屋さんにもっていきました。





0 件のコメント:

コメントを投稿