2017年2月16日木曜日

ヴィヴィオ エンジン分解

エンジン降ろしに続いて、なんの説明もないまま分解が進んでいます(ー_ー)!!


エンジンとトランスアクスルを切り離したところ


反対から見るとタイミングベルトのカバーが外してあります。


カバーを外したらタイミングベルトを外します。
真ん中のスプロケットがテンショナーになります。

これが効いているとべるとが外れないので緩めます。


外す前に1番シリンダーを圧縮上死点に合わせます。

クランク・カムスプロケットともに合わせマークが有りますので、それを合わせます。



テンショナーは1度ボルトを緩め、手で押してベルトを緩めた状態にしてもう1度ボルトを締めます。
そうすると、ベルトが外れます。
ベルトは捻じらずにますっぐに抜いて下さい。

次はクランク角センサーを外します。ボルト2本で留まっているだけです。


では、ヘッドを外します。

4気筒を積んでいるヴィヴィオは燃焼室及びヘッド自体をコンパクトにする為か
狭角ツインカムを採用しています。


更にカムキャリアも別体です。
カムキャリアを別にすることで、カムジャーナルに邪魔されず、ヘッドボルトを均一に配置することができます。

スバルのエンジニアの涙ぐましい努力が伝わってきます<(`^´)>

余談ですが、無鉛プレミアムガソリンを使用していたので、インテークポートはずいぶんと奇麗です(^^)v。

では、カムシャフトを外します。

カムホルダー外側から少しずつ緩めます。
ヴィヴィオの場合、狭角ツインカムですので、IN・EXも均等に緩めます。

少しずつ緩めていくと、作用しているバルブにカムシャフトが押されてきますが
焦らずゆっくり緩めてください。

カムを外したらバルブリフターを外します。
外す前、番号を記入。

外した部品はきちんと整理しておきましょう。


カムシャフトを外すと、カムキャリアのボルトが緩めれますので、これも外側から緩めてください。






液体ガスケットが塗布してあるので、ヘッドにくっついて取れないときは、ゴムハンマーで遠慮なくぶっ叩いてください。
すぐ、外れます。

ヘッド本体は10本のヘッドボルトを緩めれば外れます。
ヘッドは2年前に交換しているので奇麗ですね。


シリンダーも17万km走っていますが、クロスハッチもきれい残っています。

しかし、このブロックは今回、組み立て時には使用しません。
走行距離の少ないGX系のブロックがあるので、そちらを使用します

0 件のコメント:

コメントを投稿