2017年2月18日土曜日

ヴィヴィオ クランクシャフト及びピストン組み付け

エンジンルームの塗装も終わり
マスキングを剥がしてから、エンジンの組み付けを行いました。


まずは、ブロックにクランクシャフトを組み付けます



おっと、その前にメタルを付けておかないと。
メインジャーナルのメタルは付くように付けるだけです。

再使用する場合は場所を間違えないよう注意しましょう。

ジャーナルメタルを付けたらお次はこれ。

スラストメタル。

軸方向のクリアランスを調整している部品です。


真ん中の軸受けの横の付けます。

メタルを付けたらクランクシャフトを置きます。


これで、キャップを取り付けます。

キャップのメタルもお忘れなく(^_^メ)。


ボルトを締めます。

ヴィヴィオの規定トルクは4kgfですが、いきなり4kgfで締めるのではなく、最初は1kgfで締めます。

この状態でクランクを手で回してみると意外とスムーズに回らないのです。

スムーズに回らないってのは大袈裟かもしれませんが、微妙に回す力が一定ではありません。
カウンターウエイトがあるのだから当然とおっしゃる方もいるかもしれませんね。

でも、私は、キャップの位置がちゃんと出てないのだと思います。

で、どうするかというと

ゴムハンマーでブロックを響かせます。


明らかにスムーズになりました。



その後、少しづつトルク設定を上げて、規定トルクまで締めます。


最後の規定トルクは1回カチっといったら
出来上がりではなくもう1度、確認してください。

締まるボルトがある時があります。

どのボルトも規定トルクで動かなくなったら、出来上がり(`∀´)

最後にクランクの周りを確認しておきます。

折角、回転バランスを取ったクランクですので、できるだけのことはしたいですからね。



ピストンの組み付けですね。
ピストンとコンロッドは昨日のうちに、組み付けてあります。


ピストンリングコンプレッサーという工具を使います。



その名の通り、ピストンリングを抑える工具です。


こんな感じで使用します。

ピストンはハンマーの柄などの柔らかいもので一気に押し込みます。

これも、一つ組み付けたらクランクを回して異常がないかを確認します。



ここから、作業に夢中になってしまい写真がありません。



0 件のコメント:

コメントを投稿