2017年3月1日水曜日

この世には2種類の人間しかいない!


キリンというバイク漫画の


の名台詞
”この世には2種類の人間しかいない!
男と女じゃない。
バイクに乗る奴と乗らない奴だ”

バイク好きの私にはなかなか響く言葉です。


私の2種類の人間しかいないと思いますが
私の考える2種類の人間はバイクの乗る・乗らないではない。

やるヤツとやらないヤツだ!

行動するかしないかといってもいい。
世の中にはなにもやらずに人のやることに文句ばかりつけたり、行動しない言い訳ばかりしている奴がいる。
こういう奴に限って上から目線である。
こういう奴の理屈ばかり垂れてはいるがは実践が伴わないので
どこか投げやりで辻褄があわないことをいう。
関わりたく人間の典型だ。

最近、何となくわかってきたのだが、やる人間とやらない人間は
根本的に思考の仕方が違うようだ。

私は旧ブログでエンジンをオーバーホールしたエンジンスワップ・ボディ補強など


記事を上げてきた。
そうすると、なぜか車を耐久消費財と考えている一般的な整備工場で整備士をしている人間が”本職”とかいって上からのでコメントくる。
一般的な整備工場ではこんなことはやらないだろう。
やっているとしたら、余程ボンクラな営業マンしかいないのでしょう。
(勘違いして欲しくないのですが”整備士”がどうこうということではなく
やったことない作業に”本職”といってくるメンタリティが理解できないという話です。)

しかし、やる人間・やらない人間は思考の仕方が違うと考えると理解できます。
やる人間は実践することに価値を置いている。実践するために必要な知識・技術に価値をおく。
そして、実践してみると当初考えていたようにことが運ばないことも知っている。
だから、やったことない作業に対して本職だなんだという人間に違和感を感じるのです

やらない人間は自分が大切にしている価値観もなく妄想にふけり
それで自分を慰めている。。

        ∧_∧ ハァハァ
 シコ   ( ´Д`/"lヽ
      /´   ( ,人) 
 シコ  (  ) ゚  ゚|  |  
      \ \__, |  ⊂llll
        \_つ ⊂llll
        (  ノ  ノ
        | (__人_) \

そして暇ですから自分の妄想世界を傷つけるような人間を見つけ出しては絡んでくる。
そんな考えだから物理的現実世界で何が起きているか関係ない。



私は、目の前のことを少しずつでもやっていく人間でいよう。






0 件のコメント:

コメントを投稿