2017年3月3日金曜日

240ZG


 先日、タミヤ 1/32零戦52型を作った

1/32の飛行機はかなりの大物キットだ!
これは途中まで作って10年以上も押入れに積んであったものだ。
現在はあらゆることにおいて片付けをしているので
新しいキットは購入せずに押し入れにあるプラモデルを製作している。

これの次は1/60PGガンダムのコアファイターを作った

ガンダム本体は10年以上まえに製作したのですが

コアファイターは面倒くさいの作ってなかった。
最初はアムロ機で作ったのですがスッテカーが色々と付いていたので
セイラ機に塗り替えました

これの次は作りかけで放置したままのアオシマ1/12ゼファー400

その次は1/35モデルカステンのフィットネウェアのフィギュアを水着に改造してジオラマ製作

まで方付いていない

現在、製作中のタミヤ1/12 240ZG
1/32零戦を作ったあとは、暫く大物キットは作りたくなかったのですが
積んであったので仕方ない。
これは20年以上前に購入したものです。
これも作りかけで放置!!
これ1つ作る労力で1/24の自動車プラモデルが5つくらい作れると思う。


ところで240ZGの実車って乗ってみたいですね。

L28改3.1リッターとかでなくL24のままで。
当時を知る人に聴くと240Zは結構速いとのことです。
S30の中では1番速い。もちろんZ432よりも。

2800ccや2リッターターボを積んだ次のS130は排ガス規制と重量増の為
問題ではない。

輸出用はS30にL26やL28を積んだもののありますが
トクルと吹き上がりのバランスが一番よかったのがL24だと聞いたこともあります。

現代の車と比べれば軽量コンパクトな車体に直列6気筒を積んだ正統派のスポーツカー。

現代の重たい車を大きいエンジンとコンピューター制御で走らせる車とは違った魅力を感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿