2017年3月4日土曜日

燃焼室鏡面加工とバルブ磨き




こんなもんかな?
もう少し手直ししようかな

もう少しやっておこう

終わりにしよう


                    ハ_ハ _
                   ∩゚∀゚)ノ  おわるよ!
                    )  /
                   (_ノ_ノ

               彡
      .
 _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/ 
あとは、バルブ組付後に燃焼室の容積を確認するだけです。


バルブの磨きを始めます
右と左、どちらが磨いたものかわかりますか?

吸気バルブは、燃焼室側は鏡面、ステム側は♯240で仕上げます。
ステムは、ポートに出ている部分は♯240で
ガイドに接する部分は磨いておきます

ややこしいですね

排気バルブはプレオ以降のモノに交換しますので、
取り敢えず吸気から磨きます。

磨き終わったら、バルブ・リテーナー・コッターピンで
重量を合わせます

0 件のコメント:

コメントを投稿