2017年3月8日水曜日

F30レパード


今回も不人気車について考えてみましょう!!


今日はF30レパード
これは、売れませんでしたよね?

私はトヨタの本拠地の愛知県にいたから、売れていないような気がしていただけでしょうか?

いや、全国的にうれていなかったと思います。
みなさん、F30は不人気車で異議ないですよね。
デビューしたのは、1980年ですから、私は小学生ですから、まったく車になんか興味ありませんでした。
私がレパードを知ったのはVG30ETが追加された時です。
”特捜最前線”という日産が冠スポンサーの刑事ドラマの合間にCMがやっていて、それで初めてレパードという車知りました。

この頃は、もう中学生ですから、車に興味を持っていたので”ソアラ”は知っていました
日産のソアラと同じクラスの車だと”車に詳しい”同級生がいっていました。

「ソアラと同じクラス?でも4ドアだがね」と思ったけど、どうでもよかったです。
レパードなんか興味なかったですから。

レパードが売れなかったのは、巷で言われるようにソアラに押されたから。で、間違いないでしょう。

では、なんでソアラに押されたんでしょうか?

カッコは今見ると



ソアラに負けていないと思うんですよ。

いや、ソアラより斬新でカッコいいかもしれません!!

なにがそんなにダメだったのでしょうか?

ウィキペディアによればこの車は

”G910”という
910ブルーバードにL型6気筒をブチ込んだ車がベースだったらしいじゃないですか!!

エンジンも、そのままL型!


更に4気筒のZ18まで、積んでいる始末!!

何がやりたいんだかわかりません。

それに対してソアラは


エンジン・シャーシともに新開発!!

電子制御のオンパレード


”デジパネ”

プッシュ式ヒーターパネル
もう未来の車ですよ。

つまり、レパードはデザイン・コンセプトはよかったのに、ハード面はソアラと比べると、あまりに旧態依然としています。

;また、ソアラが全車6気筒を積んだのに対して、レパードはL28からZ18までというワイドレンジ。
先日、話題にしたC32ローレルと同じで、メーカーの煮えきらない態度がありありと伝わってきます。

この完成度の低さと曖昧さが、ソアラの後塵を浴びた理由ではないでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿